ラーメン二郎風うどん

寒いです
気温が15℃を下回ると冷え込みます
自転車ブロガーさんの記事を読んで思い出しました

ラーメン二郎

宮古島に来る前は田町の某IT関連企業グループに勤めていたこともあり、ラーメン二郎は何度か食べたことあります
温ったまるものも食べたかったし、ブログ記事にインスパイアーされ、微かな記憶とブログ記事の写真を頼りに作ってみることにしました

ラーメン二郎風うどん

って、なんでうどん?沖縄ならせめてそばでしょ?


レシピ

出汁
昆布
鰹節(伊良部島産)
伊良部産鰹節は花かつおのようにふわふわでなく荒削りでしっかりしてます


宮古味噌で煮込んだラフテー
宮古味噌で煮込んだ大根
宮古味噌で煮こんだたまご
宮古味噌で煮込んだきつね
宮古味噌で煮込んだ昆布
よーするに全部ひとつの鍋で一緒に煮込んだってことですよ
煮汁には皮付豚三枚肉の茹で汁を使いました
せっかくいいスープになってるのに捨てるの勿体無いですから
砂糖を使わず黒糖を使いました
醤油を使わず宮古味噌を使いました

野菜
もやし(宮古島産)半袋
水菜(鹿児島産)1束
ニンニク(青森産)1玉


もっちりうどん1玉

工程
うどん、もやし、水菜を茹でます
具は冷蔵庫にいれていたので、出汁に具をいれて沸かすことで軟らかく戻します
具に染み込んでいる宮古味噌ベースの煮汁が出汁に溶けだします
うどん、具、出汁を器に移し、茹でたもやし、水菜をのせます
最後にみじん切りにしたニンニクを乗せてできあがり


さて食べてみましょう

肉の旨味、コラーゲンが溶け込んだ味噌ベースの煮汁入りの出汁はコクがあっていい感じです
ラードをギトギトにするとラーメン二郎っぽくなります
野菜はシャキシャキ感が残ってしまっているのでもっと茹でないと
肉はプルプル、大根、きつね、たまごは味噌がしっかり染みててウマい
ニンニク、1玉は多すぎ!辛い!心臓バクバク!息がクサい!
なんか気持ち悪くなってきた...

ニンニク1玉はやりすぎた
みじん切りにしたからガリガリかじるごとに口の中がニンニク臭くなって
頭ん中がカーッとなってきて気持ち悪くなる
今度やるときはニンニクひと欠片シリシリしましょおねぇ

もやしは袋まるごとでもよかったかなぁ




次は天下一品こってり風にでも挑戦してみるか



注)宮古島にはラーメン二郎も天下一品ラーメンもありません

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック