ベロタクシーは誰でもできる、多分

まちがってたらごめんね


実は、沖縄県では誰でもベロタクシーを営業することができるって知ってた?


ベロタクシーてぇのは自転車タクシーのこと
国際通りで見かける、あれ


沖縄県道路交通法施行細則には以下の規定がある

第10条 軽車両の運転者は、次の各号に定める乗車人員又は積載物の重量、大きさ若しくは積載の方法の制限を超えて乗車をさせ、又は積載をして軽車両を運転してはならない。
(1) 乗車人員の制限は、次のとおりとする。
ア 2輪又は3輪の自転車には、運転者以外の者を乗車させないこと。ただし次のいずれかに該当する場合は、この限りでない。
(エ) 他人の需要に応じ、有償で、自転車を使用して旅客を運送する事業の業務に関し、当該事務に従事する者が、1人又は2人の者をその乗車装置に応じて乗車させている場合

那覇のベロタクはこの規定を根拠にして営業している
ベロタク営業を可能にするために(エ)の規定が追加されたらしい

ちなみに、タンデム自転車(二人乗り自転車)を楽しむことができないのもこの規定のおかげ orz

ベロタクを営業するに当たって行政上の手続きは?
というと、資格、届出、許可、認可、免許等々まったく不要
だから料金体系も自由

あのでっかいタマゴみたいな自転車じゃないとベロタクできないかというとそんなことはない

タンデム自転車さえあれば営業可能なのだ
前に運転手が乗り、後ろに客が乗る、客から料金をもらう
これでベロタクが成立する
荷物をのせるためにトレーラーを連結するのもよい

重要なのは料金を取って客を乗せること
無償で乗せてしまうとただの二人乗りになってしまい法令違反となる


これを応用することで合法的にタンデム自転車を楽しむことも可能になるわけ
前に乗る人が運転手、後ろに乗る人が客、後ろの人は前の人にお金を払う
ということにする

ただし問題がある
行政上の手続きが無いため、ベロタクであることをどうやって証明するか
おまわりさんに呼び止められて
「自転車の二人乗りはだめだよ。」
「これはベロタクですから。」
「なにか証明できるものは?」
「....」

とにかくベロタクだと言い張ればなんとかなる!



みんなでやろう休日ベロタクシー



つーかタンデム自転車認めれ!
4輪自転車なんてカッコ悪いよ、駒沢公園じゃないんだから



にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村 自転車ブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック